ラブレター

2011/06/16 投稿者 管理者

いとしのタツヤー




それはさておき・・、
一ヶ月ぶりの更新になってしまいました。
皆様、どうお過ごしでしょうか。


先月、7才のうちの息子が、お友達(男の子)から手紙をもらいました。
飾り気の無い、ノートの1ページを破って書いた手紙。
覚えたての可愛らしい字で、こう書いてありました。





「ハルくんへ。 ボクはずっとすきだよ。 いちばんずっとすきだよ。」



ガーン・・・!!
ままま、まけた・・・・・。

なぜかわかりませんが、そんな感じの衝撃でした。
なんという、素直な言葉なんだろう・・。
無駄な付け足しのない、ただそれだけの、そのままの気持ち。

忘れたくない、あの純粋な気持ち。




感動したーッ!!(泣)
見習ってよー!! (?)






地震の時大暴れした最上川出身のナマズのナマ子さんです。


六月も早くも半ば。
暑い日が多いですが、朝晩の気温の差が激しいですよね。

みなさんお体を壊すことないよう、どうぞ大事に
お過ごしください!!

次回は、そうめんのおいしい食べ方などのお話をしようかと思います。













トラックバック

コメント書込

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

captcha image, to tell computers and humans apart.
画像の中に見える文字をこちらに打ち込みます。


コメント

infoさんのコメント

今田フリーク様

わかりました!
とりあえず本屋行ってきます!!
2011/06/25 17:28

今田フリークさんのコメント

天の瞳?
太陽の子(てだふのこ)
とかかな。
2011/06/25 16:35

infoさんのコメント

今田フリーク様

灰谷健次郎読んでみます。灰谷初心者ですが、何から入ったらいいですかね?
2011/06/25 11:09

今田フリークさんのコメント

何かと賛否両論はあるが、灰谷健次郎は読む価値ありかも。
子供の目線、言葉、表現、大人には真似の出来ないモノが無垢な魂には宿っている。もう読んでいたらすいませんですが、まだなら一度手にしてみてはいかがかと。
『ラブレター』っていい響き。
誰かに想いを伝える事程、素敵な事はありません。
伝えない美学、男は黙って、などとめんどくささや、己の口下手に理由を付けたがる男性諸氏は多いが、このラブレターの様な飾りのない想いが何よりなのだよ。声に出す、言葉にする。でなければ伝わりません。家族への愛も被災地への想いも。
2011/06/24 17:36
 
:star1.0: トップ 
:star1.0: ご注文 :star1.0: 商品紹介 :star1.0: ご案内
:star1.0: 旦那ブログ :star1.0: カレンダー :star1.0: リンク集 :star1.0: サイトマップ :star1.0: お問い合わせ
Total400749 7days878 Yesterday178 Today057 IP check in 30 min Since 2012-05-23